助産師のカリスマを目指して


by imkxecfznz

<雑記帳>国内で唯一、ロシアラッコの赤ちゃん誕生 東京(毎日新聞)

 サンシャイン国際水族館(東京都豊島区)で、国内で唯一飼育されているロシアラッコの赤ちゃんが生まれた。性別はまだ確認されていないが、母子ともに健康で、早ければ今月下旬にも一般公開される。

 同館では07年6月に赤ちゃんが生まれたが、父親ルーチ(推定8歳)の牙に接触し生後20日で死んだ。今回は飼育スタッフが24時間態勢で監視し、水槽もルーチが危害を加えないようアクリル板で仕切った。

 誕生日は14日。翌15日には母親ミール(同)のおなかの上ですやすやと眠る姿も。我が子の無事を願うミールには、どんなホワイトデーのプレゼントより「亭主元気で留守がいい」?【小泉大士】

【関連ニュース】
ラッコ:元気でね、ソラちゃん 人気者の雄、鶴岡から静岡へ16日引っ越し /山形
ラッコ:県内で1頭、「トマト」が老衰死−−シーパラダイス /静岡
ラッコ食害:北海道・納沙布岬沿岸、ウニ壊滅 被害500万円
納沙布岬:ラッコに食べられウニ壊滅

「北陸」と「能登」にお別れ、「撮り鉄」集合(読売新聞)
台風8号豪雨犠牲の2生徒に卒業証書 兵庫・佐用町(産経新聞)
点眼方法、不適切が9割超(医療介護CBニュース)
<自民党>鳩山邦夫氏が新党結成に意欲(毎日新聞)
首相動静(3月8日)(時事通信)
[PR]
by imkxecfznz | 2010-03-19 14:03