助産師のカリスマを目指して


by imkxecfznz
 強風の影響で21日、鉄道は運休が相次ぎ、ダイヤが大幅に乱れている。

 JRでは、京葉線が始発から東京―蘇我駅間の全線で運転を見合わせている。

 京浜東北線は大宮―赤羽駅間の上下線、内房線や宇都宮線は一部区間で運転を見合わせているほか、武蔵野線などにも影響が出ている。

 東京メトロ東西線は、東陽町―西船橋駅間の上下線で始発から一時運転を見合わせた。

放火指示の組幹部に無罪=共謀成立を否定−奈良地裁(時事通信)
長島圭一郎選手 故郷で五輪「銀」パレード 3千人が祝福(毎日新聞)
<スギヒラタケ>強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大(毎日新聞)
【from Editor】講師をして教えられたこと(産経新聞)
2次元児童ポルノ 石原知事「僕の目で見届ける」(産経新聞)
[PR]
# by imkxecfznz | 2010-03-23 22:57
 サンシャイン国際水族館(東京都豊島区)で、国内で唯一飼育されているロシアラッコの赤ちゃんが生まれた。性別はまだ確認されていないが、母子ともに健康で、早ければ今月下旬にも一般公開される。

 同館では07年6月に赤ちゃんが生まれたが、父親ルーチ(推定8歳)の牙に接触し生後20日で死んだ。今回は飼育スタッフが24時間態勢で監視し、水槽もルーチが危害を加えないようアクリル板で仕切った。

 誕生日は14日。翌15日には母親ミール(同)のおなかの上ですやすやと眠る姿も。我が子の無事を願うミールには、どんなホワイトデーのプレゼントより「亭主元気で留守がいい」?【小泉大士】

【関連ニュース】
ラッコ:元気でね、ソラちゃん 人気者の雄、鶴岡から静岡へ16日引っ越し /山形
ラッコ:県内で1頭、「トマト」が老衰死−−シーパラダイス /静岡
ラッコ食害:北海道・納沙布岬沿岸、ウニ壊滅 被害500万円
納沙布岬:ラッコに食べられウニ壊滅

「北陸」と「能登」にお別れ、「撮り鉄」集合(読売新聞)
台風8号豪雨犠牲の2生徒に卒業証書 兵庫・佐用町(産経新聞)
点眼方法、不適切が9割超(医療介護CBニュース)
<自民党>鳩山邦夫氏が新党結成に意欲(毎日新聞)
首相動静(3月8日)(時事通信)
[PR]
# by imkxecfznz | 2010-03-19 14:03
 学校の教師か、塾講師か。授業がうまいのは誰だ――。

 同じ会場で模擬授業をして、教え方の“腕前”を競うコンテストが大阪で繰り広げられている。名称は「teachers(教師)」の頭文字を取って「T―1グランプリ」。若手漫才コンテスト「M―1」などにヒントを得て、来場者の投票で優勝者を決める。厳しいバトルに見えるが、切磋琢磨(せっさたくま)し、指導力をアップさせるのが狙い。主催者は「先生だって競い合うべきだ」と挑戦者を募っている。

 大阪府枚方市の塾講師、別宮(べっく)孝司さん(47)らが「学校と塾は、同じ子供を教えながら交流も批判もない。オープンな場でぶつかり合えないか」と、知人の学校教師や塾講師にインターネットなどを通じて呼びかけ、今年1月、英語の授業で第1回のコンテストを開催した。

 同市内で今月14日開かれた第2回大会では、高校教師3人と塾・予備校講師3人の計6人が数学で挑んだ。

 「合コンで、女の子が固まらないようにするにはどうするか。これはそういう問題だよね」。愛知県の予備校講師、小倉悠司さん(25)は軽妙な口調で語る。問題は「男性3人、女性2人が一列に並び、女性が隣り合わない並び方は何通りか」。身近に感じる話題に例え、授業を進めた。

 北海道の私立高校の教諭、下郡啓夫さん(38)は「間違いが偉大な発見につながる。正解を教えるだけが、教育ではない」と熱弁。京都大の入試問題で、生徒の間違いをあえて取り上げ、正解とは別の高度な素数の話に展開し、会場をうならせた。

 小中高校いずれの学年向けでもOKで、持ち時間は20分。賞金はないが、この日優勝した下郡さんは「話す機会が少なかった塾の人たちとの交流が一番の収穫」と満足した様子。観客は、ネットなどで開催を知った教師や講師、保護者ら。兵庫県の予備校講師(27)は「競い合いは授業の向上につながるはずだ」と語る。

 今後、理科、社会、国語の大会を順次開き、11月に各優勝者が集まるグランプリ大会を行い、年間最優秀教師を決める。別宮さんは「真の敵は向上心のない先生」と主張し、自らも社会の授業に出場予定だ。

優勝メダル盗難を届け出=114年前の第1回五輪−スポーツ博物館(時事通信)
【衝撃事件の核心】本当の笑顔はいつ…眞鍋かをりにみる芸能界の「光と影」(産経新聞)
<築地移転>土壌汚染除去の実験で濃度低下(毎日新聞)
普天間移設 首脳会談で議論せず 核サミット時、短時間の表敬扱い(産経新聞)
山口彊さん偲ぶ会 長崎で非核平和の誓い新たに(毎日新聞)
[PR]
# by imkxecfznz | 2010-03-18 00:18
 三重県鳥羽市の鳥羽水族館の入館者数が8日、1955年5月15日の開館以来約55年で5555万5555人に達した。

 同館は「全国67水族館で初めての快挙」と話している。

 記念の入館者は、愛知県豊田市から家族で来ていた主婦下川美紀さん(32)、会社員の夫、伸さん(32)と長女、彩矢ちゃん(6か月)。

 美紀さんは、水族館職員から「おめでとう」と声をかけられ、驚いた様子。古田正美館長から入館認定証と特大のジュゴンのぬいぐるみを贈られ表情を和ませた。古田館長は、「多くの方に来ていただき感謝しています。これからも、自然史博物館である水族館として社会貢献できるよう、頑張っていきたい」と話していた。

雑記帳 アルコール分完全ゼロのワイン風味飲料 山梨(毎日新聞)
「別れさせ屋」に懲役15年=離婚させた交際相手殺害−東京地裁(時事通信)
山内衆院議員の元秘書再逮捕へ=融資名目で4000万詐取容疑−警視庁(時事通信)
ホワイトビーチ沖埋め立て、空自も…官房長官(読売新聞)
香り懐かしいセルロイド 半世紀ぶり復刻、静かなブーム(産経新聞)
[PR]
# by imkxecfznz | 2010-03-16 16:44
 高校駅伝の伝統校、大牟田高(福岡県大牟田市)が、鹿児島県阿久根市で14日に開かれる「阿久根市長旗九州選抜高等学校駅伝競走大会」への出場を辞退していたことがわかった。

 大会関係者によると、竹原市長が昨年11月以降、障害者の出生を否定するようなブログの書き込みを行ったことや、障害者らへの謝罪を拒否していることを辞退理由に挙げたという。

 大会は1991年に始まり、今回で20回目。大牟田高の大見治夫前監督が大会創設に協力し、同校は第1回から昨年まで19年連続で出場していた。

 阿久根市は1月、大牟田高に出場を依頼したが、2月に文書で辞退が伝えられた。読売新聞の取材に対し、同校は「スケジュール調整や費用の問題」と説明している。大会事務局は「新チームの戦力を占う大会で、大牟田高の活躍を楽しみにしている市民も多い。市長のブログが辞退の原因であれば残念だ」と話している。

日弁連会長選・初の再投票、法曹人口争点に(読売新聞)
新日フィルが車いす5台寄贈 墨田区(産経新聞)
5月に新年金制度の基本原則 政府が議論開始(産経新聞)
<奈良県警>現金授受の警官 組関係者から200万円の借金(毎日新聞)
<インスリン事件>24歳看護師逮捕 京大病院の担当者(毎日新聞)
[PR]
# by imkxecfznz | 2010-03-11 21:50